Q4

株式会社ZOOMのハンディービデオレコーダーをビックカメラで買ってしまいました!



最近ちっちゃいカメラを買いまくっていますが、何かコレって製品に出逢えませんね。



同僚Yとビックカメラに行ったら、Q4がありました。問題は録画ファイルをEDIUSで編集可能かと言う事でした。
店員に聴いても?だったので、手持ちのSDカードに録画させてもらい、家に持ち帰り検証しようと思ったのですが、
何かインターネットで調べたらOKのような気がしたので、我慢が出来なくてクレジットカードで買ってしまいました。



価格なのですが、ポイント10%還元を考えたら、それほど損はしないなって感じでした。



そんな訳で、帰宅したのが23時くらいでしたが、とりあえずテストしてみました。



SONYのミュージックビデオレコーダーと同様に音質が良いってのが自慢のようです。



箱から出すと、こんな感じです。



本体が取り出せないと思ったら、こんな風にネジと針金で固定されていましたね。



これらが内容物です。



では、まず電池を入れてみます。



次はSDカードです。SONYのはマイクロSDでしたが、これは標準のSDなので好感が持てました。



そうそう、液晶モニターが分離可能なのが、特長です。



スライドしてはめ込みます。



電源をONにしてみました。電池の残量が厳しいですね。



たまたま、SDカードに入っていた動画ファイルを再生しようと思ったら、ダメと言われました。



これが録画ボタンです。



押すと赤色になりますし、音声が入力されると暗くなります。インジケーターを兼ねているみたいです。



側面にはスイッチが色々とあります。ローカットフィルターも機械的なスイッチでON/OFF可能ですね。



マイクの部分もSONYとは違いますね。



こんな風に立てて使えます。



これは何かと思ったら・・・。



ウインドスクリーンって訳です。



SONYは付属していませんでしたね。



レンズはSONYより更に広角のようです。



USBケーブルは付属していましたが、ACアダプターは無かったです。



メニューはこんな画面です。タッチパネルではないですね。下の4つのボタンで頑張るみたいです。



解像度を選択する画面です。フルHD撮影もOKのようです。



音声の形式やレートも色々選べます。



そんなインフォメーションも出ます。



USBのモードも3通りあります。Web配信にも使えるみたいです。



あと、画角も変更可能です。



ワイドとアップのどちらかしか無いですね。



背面はこんな風ですが、初回生産品は赤と緑じゃなくて、黒一色みたいです。



底面には三脚ネジもありますね。



まずは3時間かけて充電ですね。

また元気があったらHOゲージに載せて走らせたいですね。面白い機能は上下逆さまにした映像が出力可能って事ですね。
SONYのには無線LANがありましたが、こちらは無いです。



ひとつ気に入らないのはファイルがMOV形式って事ですね。クイックタイムで開けと言うのが難点。
でも、EDIUSで編集OKなので許すとします。