GT−900pro                                   2014.7.28

名前はプロでも全然プロではありませんでした。



Amazonで買いました。実際にはAmazonに出店している店で買ったのですけど・・・。13500円しました。
詳しくはアメブロに載せてあります。
1年も持ちませんでしたね。



悩んだの仕様ですね。山ガールの静香ちゃんに対抗して、気圧高度計のあるプロバージョンにしたのが失敗でした。



そもそも、どうしてコレが欲しくなったかと言うと、今までは位置情報の記録に旅レコを使っていました。



台湾製ですね。



USBでデータを取り出すのです。



でも、電池が8時間くらいしか持ちません。



何がダメだと言うと、このデータを読むソフトがインストールしても、使う時にプロダクトキーを入力しろと言うのです。
プロダクトキーは3回しか使えなくて、既にWindows7の時代に使い果たしてしまいました。
つまり、OSをWindows8にしたら使えなくなったのです。
それで、何回でもインストール可能なGT−900proに乗り換えた訳です。



こんな感じで腕時計タイプのGPS受信機なのです。厚みはありますけど・・・。電池は充電式で2日くらい持ちますね。




こんな風に単体で軌跡とかも見えます。



パソコンに取り込んで地図にも表示可能なので、目的は達成したのですが・・・。数日したら大変な事になりました。



鞄に取り付けて持ち歩いていたら、蓋が動くようになって、いきなり中身が現れました!



それで、こんな痛々しい姿になりました。



そんな製造番号です。これは返品すべきですかね?



こんな感じで蓋が開いたので、あれ?これって元々そんな風なのかなと・・・。それでも防水仕様なの?



ついでなので中身を検証しておきました。



へー、こんな風になっているのかと・・・。



分かりますかね?この欠陥・・・。



プラスチックがもろい構造になっています。



至る所で亀裂が入って割れていますね。どうして、こんな事になるの?



今はこんな感じです。あーあ、悲しい衝動買いでしたね。悔やまれます。





                                                      2015.5.10 追記




その後の話ですが、何故か充電が出来なくなりました。そして、データの読み取りもNGになりました。



要は機械的ストレスにより、USBポートの半田付けが取れました。しかし、とても直せる感じはしないですね。



危険なので、電池を外して、補修に挑戦しましたが・・・。



予想通り壊しただけに終わりました。



頭に来たので、バラバラにしました。



位置情報が残っているので、再生されないように基板を切り刻みました。これで廃棄です。



最初から不良品でしたからねぇー。しかし、買って1年も経たないうちにゴミになりましたね。

絶対にこのメーカーの製品は買わない方が良いと思います。粗悪過ぎます!