光プレミアム

2006年5月17日開通

2006年5月18日調査

2006年5月20日改善



2006年5月12日に届きました。



何とも汚い配線ですが、光プレミアムの開通によってルータなどは排除できるのか?



このONUも光プレミアムに対応した物に交換されてしまうのか?



そう思うとあるうちに写真を撮っておこうと・・・。



表はこんな感じになっていました。



しかし、過去に電源アダプターのコードが扉に挟まれて切れてしまいまして、こんな傷もあります。



光プレミアムになったら、フレッツホンの不具合も解決するのか?



いつも使用する前に3分もかけて再起動していましたから、困ったものです。



光プレミアム開通工事



NDSから2人の作業員が来て、古いONUの撤去を始めました。



雨の降る中、外でも作業が行われています。



F100とは違う光ファイバーになるのでしょうか?



新しく取り付けられる機器の箱です。レンタルなので箱を保管しないといけません。



今回はONUの位置も変えてもらいました。これが失敗だったかも知れません。



光ファイバーが相当曲げられてしまいました。



開通テストの結果は教えてくれませんでした。相当悪かったのでしょう。



棚の上に設置してもらったONUとCTUです。



光ファイバーが柱を横切っています。かなり辛そうです。



昔はここにONUがありました。金具も撤去されました。



設定マニュアルに従って、接続設定ソフトをインストールしています。



丁寧に書いてありますが、読む気になりませんでした。



最初はこんなIPアドレスが割り当てられるようです。



これがインストール用のCD−ROMです。



画面の指示に従えば良いのですが、その通りになりません。



難儀だったのはCTUの設定です。プロバイダとの接続ができませんでした。



原因はASAHIネットのプランを光プレミアムコースに変更していなかったことでした。

既にBフレッツの品目変更をしてしまったため、ISDNでインターネットに接続して、調べました。
結局ASAHIネットに電話して、プラン変更をしました。
30分経過しても接続できませんでした。そうしたら、ASAHIネットから電話がありました。
お客さんの設定が悪いのではと・・・。
固定IPで接続する時も接続IDの前にf.を付けなくて良いとのこと。
つるさんはそれを消したつもりでしたが、CTUの設定反映をしていなかったためNGでした。
それを消して何とか接続ができました。フレッツホンはまだNGでした。

しかし、光プレミアムにしたらBNRでの計測値が下がりました。
パソコンの性能にもよるのでしょうが、20Mbpsも出なくなりました。
ペンティアム4の3GHzマシンでは40Mbps出ていたのが、これも同じように遅くなってしまいました。
NTT−CのFさんに教えてもらったONU開放によるルート変更の技も3回駆使しましたが、ますます遅くなりました。
NTTに電話して、雨の日の工事があかんかったのではとクレームを言ったら、また明日調査に行きますと
言われてしまいました。それで直れば嬉しいですけど・・・。

そうそう、NDSから電話がありました。
そこに電源は置いて無いかと?意味がわからなかったので、何の電源かと聴くと、テストに使ったノートパソコンの
電源アダプターのことらしく、見て来ましたが、見当たらなかったので、無いよと伝えました。
もし出て来たら教えてあげるから携帯電話の番号を教えてと聴きました。
でも、やはり無いですね。どこかに落としたのでは?



フレッツ速度測定サイトでも81.55Mbpsしか出ませんでした。
やはり、光プレミアムはあかんのでしょうか・・・。
5500円も払って工事してもらったのに悔やまれます。
5月25日には光電話も開通してしまいます。



光プレミアムの開通に合わせてギガのHUBも買いました。



前からあったギガのHUBは店に移設しました。



左は今回ピンチを乗り越えたISDNルータです。やはり低速回線も残しておかないといけません。



光プレミアムで期待されたのはフレッツホンのV6接続です。



エラーになっていないようです。今まではUPnPがどーのこーのと言われて全く使えませんでした。



因みにFOMAからかけてみました。



ついでに通話もしてみました。双方向でOKでした。



ログを見るとルータが検出されないトラブルが続出しているのがわかります。



ついでにこのホームページが格納されている玄箱もCTUの直下に移設したくなりました。



玄箱のLANは一応ギガなので、期待できそうでした。



重いので落ちそうですが、何とか載せました。しかし・・・。



玄箱の電源を切ったら、起動しなくなりました。



そろそろこの玄箱もやばい時期かも知れません。



やばいと言えばこのコンセント部分です。直ぐに抜けて停電しそうです。



やばいのは他にもあります。店からCTUまでがこんな悲惨な配線です。



鉄筋と木造のつながる部分はアルミサッシがあって困ったものです。ここの部分は穴を開けられましたが・・・。



この先にCTUがあります。



別ルートのLANもやはりアルミドアの妨害を受けています。



光プレミアムの開通によりお払い箱になった無線ルータです。



墓場に捨てられました。Phoenix miniも捨てられています。

と言う訳で、光プレミアムは遅いと言う報告でした。
まぁ、こんなヘロヘロの配線では速度も出ないと思いますが・・・。
ただ、今までは40Mbps出ていましたからねぇー。

フレッツホンが使えるようになっただけでもヨシとしましょうか?


5月18日の14時頃にNTTネオメイトが富士通のノートPCを持って調査に来ました。
フレッツ網の速度は60Mbpsしか出ていませんでした。
光プレミアムはこんなものですよとも言いました。
とにかく、F100から光プレミアムに移行する客が多くて、混雑しているようです。
逆に今F100がすごく空いていると・・・。
しかし、今からまたF100に戻るのも?
本当にベストエフォートって素晴らしい言葉ですね。



後日、師匠に相談したところ
窓の手を導入して、何やら値を変更してみろと・・・。



言われた通りに変更して、BNRで計測してみると・・・。



あら不思議!71Mbpsを記録しました。



でも、gooだとあかんです。

やはり実力としては20Mbps程度なのでしょう。

Radish Network Speed Testing

ここで計測するとなかなか正確なのかなと?東京は速いけど、大阪は遅いですね。
NTT西日本のエリアなのにどうしてでしょうか?